ねずみもイタチの駆除は費用を把握して相談を|害獣害虫被害SOS

困る

見比べて利用する

平和の象徴だけど多すぎても迷惑

鳩

街を歩いていると必ずと言ってもいいほど見かける鳥がいます。それは鳩です。鳩は平和の象徴と言われていますし手品などで使われるイメージで危害を与えるというイメージがないと思うようですが、実は違います。鳩が多過ぎると困ることが糞害です。では、網で捕獲して根こそぎ駆除すればいいと思うはずですが、安易に駆除することは野鳥保護の観点の法律で制限がかかってしまいます。ですから、鳩を駆除する際には自治体などの許可または協力が絶対条件です。駆除が完了しても、今後戻ってくることを予測する必要があります。伝書鳩でもお馴染みのように彼らは帰巣本能があり自分の拠点に戻る習性があります。よって人間が彼らの動向を確認しながら駆除しないといつまでたっても成果が上がらない状況を招いてしまいます。

鳩を根こそぎ駆除するにはどうすればよいか

個人で鳩を本格的に追い払うためにはどうすればよいか考えてみます。まず、個人で鳩を捕獲して駆除することは不可能ですから駆除するのではなく鳩を身近な場所に寄せ付けないということを考えなければなりません。最近はホームセンターやディスカウントストアなどに鳩撃退グッズなるものが多々販売されています。周知率が高いものといえば、剣山のようなものやベランダに取り付ける防鳥ネット、さらに生け捕りにするバードトラップというかご状のものがあります。しかし、これらは用意する時点で多めにお金がかかってしまいます。もっと安くしたい場合は釣り糸と棒を用いてベランダに張る方法です。注意してほしいことは、鳩を駆除することではなく、ベランダや換気口などの生活に関わる場所に寄せ付けないことを根底に考えないといけません。